夜行列車の想い出

現在ではサンライズ以外廃止になった定期夜行列車だけど過去の夜行列車・想い出乗車レポートと夜行列車に纏わる懐かしい夜行列車ブログです(1975年以降から)

シュプール レインボー蔵王

下記本件ブログは2019年12月で消滅する弊yahooブログで2017年5月に紹介した内容を加筆修正して本ブログに再掲載となりますのでご承知願います(ブログ移行失敗による一部のブログ記事救済策)。特に印象に残った懐かしく、想い出深い夜行列車レポートを不定期で掲載しています。なお一部駅の時刻や一部の電車や気動車の番号などに相違がありましたらご了承願います。

 

シュプール レインボー蔵王」とはジョイフルトレインのスーパーエクスプレスレインボー(14系ロ・ロフ 欧風客車7両)を使ったスキー専用列車の事でシュプール号とは、JR東日本JR東海JR西日本JR九州が、それぞれスキー客輸送のために運転を行っていた臨時列車の総称である。 通常の臨時列車(季節臨や多客臨)とは性格が違い、全国のみどり窓口では購入が出来ないけど定まった駅の旅行センターと周辺のJTBなど大手旅行会社で予約受付ができた。 翌年に山形新幹線の軌道工事が始まるため、早期に冬の板谷峠を行く、50系客車や583系の「シュプール蔵王」や「シュプールレインボー蔵王」の回送は撮影したいと思っていた。

 

1990年1月12日(金曜日)、下りのシュプールの指定券手配は東京駅旅行センターにお任せ
したが、スキー専用列車に1人で乗り込むのも憂鬱なので声をかけたらK君が賛同してくれて当日上野駅15番線ホームで落ち合った。 7両編成の「シュプール レインボー蔵王」の乗車口に付いての標記は無かったけど最後尾車両の位置から推測した場所で待っていると23:06に尾久を出た回送9405レが推進運転で23:17に入線。早速乗り込むと指定された7号車(スロフ14-706)で展望席(定員7名)の近くなので暫くは展望席で過ごす事にする。

 

展望室の前にはSER(Super Express Rainbowの略)専用機であるSERカラーのEF65-1019が連結されていれていた。専用機やイベント性が高い、この手の機関車は限定運用が掛かると通達などで分かるのだが(但し電報やFAXで流されると運転所や運転区などの現業機関へ聞かないと分からない)どっちにしろ奥羽線での回送でしか撮影できないので詳しく調べてなかった。流石に車内は艶やかなカラーのスキーウエアを着た若者ばかりで我々は少し場違いだが、よく見るとスキーとは関係ない男性もいて我々と同じく周囲から浮いている(苦笑)。

 

23:30に「シュプールレインボー蔵王」は上野駅を定時発車、早速K君と展望サロンで乾杯していると仲間に入れて下さいと他の鉄道ファンも2名やって来たが、スキー客が殆どで居辛いのだと思う。赤羽駅(23:41-42)・大宮駅(23:56-57)の両駅に停車すると本日の停車駅は終わりで次の停車駅は翌日早朝の米沢駅まで全通過になるが、宇都宮駅(1:04-06)・黒磯駅(1:46-56)・郡山駅(2:47-48)・福島(3:26-4:12)・庭坂(4:22-27)など怒涛の運転停車駅が連続するのもこの手の列車の楽しみで途中駅での利用はなく、更に目的地の駅に朝早く着かないために時間調整しているのである(時刻は一部運転停車もあり)。

 

黒磯駅で機関車交換のため、10分停車するが、運転停車なのでホームに降りれず、展望サロンで眺めていた・・・オリエントサルーン専用機2台の内、1両は郡山を16:00に発車した臨時急行「シュプールニセコ」の運用に入ってる筈である。やがて「シュプールレインボー蔵王」に近付いてきた交流機関車はED75-739で「ナナザンクかよ」とK君の小声がぼそりと聞こえて来た。 黒磯駅での運転停車を終えて1:56に発車。もう2時近くなのでリクライニングシートを全開に倒してレッグレストの上に脚を乗せて就寝した。

 

このまま終着の山形駅(6:18着)まで乗って行きたいけど、山形に到着した「シュプールレインボー蔵王」は回9244レ~回9523レとして、山形を6:44に出て仙台電車区に向かう回送列車を奥羽線で撮影するのだが山形駅(6:44)周辺ではまだ暗くて沿線での走行写真には向かないのだ。

 更に山形から徒歩圏内の撮影地だとロケーション的にイマイチな点・・・米沢駅(5:26-27)で降りるならシュプールの回送を板谷峠で写せて時間的にも余裕があるので上り始発福島行き普通列車にも乗って移動しても充分に時間的余裕があるため、米沢駅までの乗車を決めていた。 結局3時間くらいしか寝てないけど、僕は峠駅~大沢駅周辺で目が覚めて急いで隣のK君を起こしてからドカ雪状態の米沢駅で下車・・・待合室の暖房で温まってから6:21発、福島行き始発420レで回9244レ他を写すために板谷峠へ向かった。

        ★★★★★Memories of the night train★★★★★

   

f:id:hokutosei_95:20191201100120j:plain

1990年3月に撮影したED78「シュプールレインボー蔵王」 雪が全く無い深夜の福島駅にて